無線機大好き!

無線機

無線機をご存知ですか?分からない人、使い方が分からない人いませんか?
無線機おもに仕事道具として使用されますが、趣味で持つ方も少なくありません。
と思う方もいるかもしれません。そこで当サイトではそんな無線機の魅力について紹介したいと思います。
無線機のイメージは、私は「地味〜」「マイナーな趣味」という感じです。特に良い印象も無く、パッとした印象も無い無線機です。

無線機って?

無線機は電波を使って相手と通信できる機器のことです。有線ではないので「無線機」と呼ばれています。正式名称は「無線通信機器」です。
無線機は色々な所で利用されていて、無線機が無いと業務が出来ない職種もあるんです。
普段の生活であまり意識していないだけで無線機というのは身の回りに数多く活躍しているんです。
大きさも種類も様々で、使う種類に寄っては通信できる距離も変わってきます。
無線機は、無線通信なので携帯電話も仲間として含まれるのですが、一般的にはトランシーバーやアマチュア無線として認識されています。
主に、連絡を取り合ったりするときに使われます。連絡を取り合う音声の通信だけではなく。リモートコントロールをする機器も無線機として扱われる事もあります。
電波があるところなら何処でも通信できる便利な機器ですが、電波が無い場所では使うことが出来ません。また電波状況が不安定なところでは、通信に影響がでます。携帯電話に置き換えてみるとよく分かりますよね。

無線機の電波範囲

無線機には近距離タイプ・中距離タイプ・遠距離タイプがあります。
使う距離で選べます。通信が出来る範囲は見晴らしの良いところでは広くなりますが、市街地や建物などの障害物があると範囲は狭くなります。

近距離タイプでは、インカムや特定小電力トランシーバーがあります。値段も中距離・遠距離タイプに比べ安く初心者に向いています。
サイズも小さく軽量タイプなので持ち運びも簡単です。免許も不要なので誰でも使うことができます。
近距離タイプの無線機は、800mから1kmの範囲で通信できます。
市街地の場合は100mから200mほどです。

中距離タイプでは、「簡易無線」と「新簡易無線」の2種類があります。業務無線は中距離タイプです。
この無線機を使うには免許が必要になります。通信範囲は
簡易無線では、2kmから3kmほどです。車載タイプは範囲が広がり5kmから10kmほどです。
新簡易無線では、1.5kmから2kmほどです。

遠距離は、遠距離用業務無線(MCA)があります。制御局を通じて交信するので通信範囲は広くなります。混信することもありません。
この無線機を使う際も、免許が必要になってきます。
通信範囲は、制御局から半径30kmから50kmほどです。

無線機は誰でも使えるわけではなく、免許が必要なものもあります。
無免許で勝手に通信すると「電波法違反」にあたり、罰せられます。
中距離・遠距離を使うときは気をつけましょう。

無線機と聞いて、自分には縁の無い機器だと思い込んでた人いませんでしたか?
携帯電話が無線機なんて考えた事も無いですよね。そう考えると無線機にはだいぶお世話になっています!
気をつけて周りを見てみると意外なところで使われているのかもしれませんよ。
トランシーバーは免許も要らないし、通話代だかからないのでお得です。
電話の変わりに、トランシーバーを活用してはどうでしょう?

check

モノづくりのスペシャルな提案とソリューション、外国人向け技能検定(基礎2級、1級・随時3級)

基礎2級

看板のプロ匠栄房

看板 埼玉

業界No1の品揃え。他店には真似出来ない特殊印刷や、自社工場ならではの小ロット1枚から大口・大量発注も完全サポート!

Tシャツ プリント

2016/11/21 更新